ナンアンドナン

オタク怪文書

なに書くか忘れた

思ったことをズビズバっと書くのを、モットーにしているんだけど、思ったことを書くということは、その思ったことを覚えておかなくてはいけない。私の日常生活においては、思い立ったらすぐメモってブログに書いてしまおう!はできない。ある程度、書くことの輪郭をぼんやり覚えておいて、おうちに帰ったら書こうとか、気が向いたら書こうとか、そんな感じ。書きたいことはいつも私の生活というふるいにかけられていて、さらに文章にしたとき、私の気に入る気に入らないのふるいにかけられている。そして、やっとこさ、私関門をクリアした思考の記号化媒体がインターネットの海に投げ捨てられる。それを、ちょっとの人が見たりする。いえ、本当は何も考えずにパチパチ打ってあげちゃってる節もあったりなかったりするんだけど。でも、確かにブログなどを始めると、思考はいつでもふるいにかけられていると思う。

その経過で、せっかく書きたいことを見つけたのに無くしてしまって、何を書くか忘れることも常になる、と思う。昨日はそんな日でした。

広告を非表示にする